0120-95-7788

受付時間10:00~19:00(水曜日定休)

令和6年度狂犬病予防定期集合注射

 犬の飼い主は、狂犬病予防法により毎年4月から6月までに「狂犬病の予防注射」を犬に受けさせ、その証明となる「注射済票」の交付を受けなければなりません。狂犬病は、発症すると治療法がなく、ほぼ100%死亡します。狂犬病予防注射の接種は飼い主の義務です。大切なペットと人の安全のために、狂犬病予防注射を受けさせましょう。「注射済票」は、必ず犬に着用させてください。

 また、ご来場の際は、密にならないよう距離の確保をお願いします。